DTM 機材・プラグイン紹介

今回は僕がよく使う、DTM関連の機材・プラグインの紹介です。

※日々更新中

機材

PC

Macbook Pro

  • MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports) Touch Bar
  • プロセッサ:2.9 GHz Intel Core i5
  • メモリ:8 GB 2133 MHz LPDDR3
  • SSD:512GB

 

[New] iMac 2019モデル

  • iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)
  • プロセッサ:3.6 GHz Intel Core i9
  • メモリ:8 GB 2667 MHz DDR4
  • グラフィックス:Radeon Pro Vega 48  8 GB
  • ストレージ:2TB Fusion Drive

【2019年 新型】iMac オススメ選び方 & 27インチレビュー

2019年4月13日

カメラ

Pentax k-50

友人に安く譲って頂いた一眼レフ。

カメラにここからハマってしまった。。。

オーディオインターフェイス

M AUDIO M-TRACK 2×2

価格は10800
24bit/192kHz対応 十分音質良き
Cubase LEAIR Music Technology製プラグイン付き(正直あんま使わん)


僕が一番気にっている点は、USB-C端子の接続が可能であるということ。
扱いがヒジョーーにシンプルであること(見りゃわかるけど、ノブ少なすぎ)

Macユーザーであればだれもがかんじる配線の魔界さ。
できるだけ変換したくないという思いを叶えてくれる、そんなオーディオインターフェイスです。

しかし、本来はM AUDIO M-TRACK 2×2Mを買う予定が、IQが2なので、Mが付いているか付いてないかも見分けらずに買ってしまった・・・

4000円ほどしか変わらないのに、端子の数が倍
なので、楽器を複数使う方はぜひMをご購入ください。

 ギター

Greco Stratcaster

相棒①

金パーツかっけぇぇ!って安易な気持ちで買って、今では少し恥ずかしいです。
しかし、めちゃくちゃ気にっているのは言わずもがな

元は白のピックガードだったのに、改造して3日感かけて頑張って黒に変えたのに、みんなから

え………みたいな反応されたの含めて
いい思い出です。

Ableton Push2

相棒②。僕は瀬戸康史というおじさんが、この機械を使って音楽を作っている動画を見て

『家でおじさんが音楽をPCで作ってる。かっこよすぎる。』

と思った1、2週間後には目の前にあってのめり込んでました。

目の前のPCには音楽の無限の可能性が詰まってるんだな
とか考えてました笑

本当に素晴らしい”楽器”です。

いつかレビュー的なこと出来たらなと考えています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ableton Push 2(Live Intro付属)【数量限定 Live 10 攻略BOOK (書籍) プレゼント中!】【P5】
価格:96800円(税込、送料無料) (2019/4/7時点)

楽天で購入

 

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B017H4LJWY/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

モニターイヤホン

正直僕はイヤホンのこれはめちゃくちゃ音良すぎるとか、これはハイガヨクデルとかヌケガイイとか違いわかりまへん。

完全にデザインとブランドと予算。で決めました



買うときに気をつけて欲しい事を1つ挙げるなら、ヘッドホンかイヤホンかの違いくらいですかね。

僕はこのイヤホンの前に5000円くらいのモニターヘッドホンを買いました。

しかし。。。1時間以上つけてると耳がアホほど痛い。潰されて軟骨が疲労骨折するかと思いました。

けどこれは個人差あります。友人に貸しても、まったく痛くならんという人もいますし、試してみないと正直わかりません。

電気屋行ってつけて「めっちゃ音いいー、高いけど買っちゃえ」
で家帰って1時間後、耳痛現象で後悔するかもしれないので気をつけてくださいませ。

 

あと、このイヤホンをご購入する方がもしいれば、イヤーチップというイヤホンの先端についてるプニプニ。これは本当にポンコツすぎてすぐ変えました。

イヤホンを耳に入れるのに5分かかります。

今のところ僕が気にってるのを載せておきます。

イヤーチップ

 

マウス

Logicool MX Master 2S
でございます。

実に持ちやすく、何よりボタンがたっくさんある。
これ実は各アプリケーションでそのボタンのアクションを変えられるんです。
いつか詳しくご紹介出来たらなと思います。
全体的に効率上がります。

 

プラグイン

DAW

Ableton Live standard

最近流行りだと思っているDAWはAbleton Live。

上でも取り上げたAbleton Push2との互換性はもちろんのこと、最近は使っていないMASCHINE JAMとの互換性もめっちゃいいです。
(実はMASHINE JAMを先に購入してちょい後悔してます。。。これについてはまた記事書きます。)

Liveの話ですね。
詳しくはまた違う記事で書きますが、すごくシンプルな操作性。これにつきます。

これに付いては記事書いてます。

DAWの選び方 Ableton Live vs Logic Pro X

2019年4月19日

 

 

ギター

Bias Amp2 Standard

最強ですね。これを買うまではLogicの中のアンプシュミレーター(?)を使っていて、何時間も何時間も音を試行錯誤してなかなか納得できない。。。

そんな毎日が続いていて、それを5秒で解決したチートアイテム。

 

Bias Fx Professional

チートアイテム第2。
こちらはProfessionalにしました。
理由はただひとつ。オートメーション書き込めるから。

これについても後々。

 ベース音源

MODO BASS

ちょい高かったんですが、ブラックフライデーかなんかで買いました。

音めっちゃいいです。
怒られると思うんですが、あえていうとベースはこいつで十分かと、、、思ってしまうくらい最高です。
ごめんなさい、楽器がほしいんです。嫉妬してます。

MODO BASSがめっちゃいいのはホント。

 

 ドラム音源

Addictive Drum2

こちらも王道中の王道。
Customなんちゃらで3つのドラムが選べるやつ買いました。
ほんとに使いやすくて、バンド曲ならこいつで十分。

Mix・Mastering

iZotope Neutorn 2

iZotope  Ozone 8

えーー。この人たちに関しては、妥協してごめんなさい。

という気持ち反面、便利な世の中になったなと感じさせるプラグインです。詳しくはかけません。だってMix・Masteringってむずいやん。
言えるのはMix・Masteringをほぼ自動でやってくれる天才プラグインくんってことくらいですかね。

チート系

Scaler

 

こちらもすごい助けられているプラグイン。ある程度の基礎音楽理論を学ぶだけで、飛躍的に音楽の可能性を広げてくれるチート。

結局チートをどれだけ使いこなせるか、AIや機械学習などとどこで棲み分けをするかがiZotopeの製品にも言えて、大切なのかと。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください